Blog

​これまでのブログ
2010年〜2013年に​キルギス共和国で青年海外協力隊として活動した記録
Crazy in Kyrgyzstan 
Porepore chanのブログ
2015年〜2016年3月まで北海道浦河町地域おこし協力隊として活動した記録

キンセンカ出荷

キンセンカの出荷が始まりました。 この様子だと、彼岸まではもたなさそう。 今年は台風の被害に合わないよう、 ハウスでキンセンカを育てました。 その為、しっかり丈が伸びて、ほぼ全て秀品として出せます。 また、路地では葉がすれて汚れたりするのですが、 ハウスだとそれもなく、 葉が大きく育つので、 農協の方からも葉がきれいで大きくて良いねと褒めていただきました。 来年もハウスで育てること決定です。

カレンデュラワークショップ

ベレケの村からカレンデュラドライハーブを購入してくださった方が、 都内でカレンデュラのワークショップを開催されました。 内容は、カレンデュラについてお話し、 カレンデュラクリーム作りを体験するというもの。 福島から飛行機で駆けつけられた方もいるようですよ。 知る人ぞ知る、魅力的なハーブなのですね。 当日の様子を写真で送ってくださいましたのでご紹介します。 #カレンデュラ

貧乏人のサフラン

カレンデュラのハーブティーが結構色が出るので、 カレンデュラが貧乏人のサフランと言われていることだし、 サフランのようにご飯に入れたら色がつくかな?と実験しようと思い立ちました。 まずは、サフランで実際どれ具体色がつくのか実験。 その前に、スーパーでびっくりしました。 この量で結構いい値段!!! こんなに高かったのですね。 お米を研いで水を入れ、 そこにサフランを入れて30分ほど待ちました。 そして少し混ぜてから炊飯。 炊きあがりは見事に黄色に色づいていました。 カレンデュラでも同じ方法で試してみると、 うーん、花びらの周りは少し色がついたけど、 サフランのようにはうまく染まっていない。 どうやったらもっと染まるかなぁ。 また次回再挑戦です。 でも、花びらがご飯に入ってとてもきれいなので、 これでちらし寿司を作ってみました。 写真を取るのを忘れてしまいました。。。 #カレンデュラ

カレンデュラ蒸留に挑戦

カレンデュラプラザで購入した蒸留器を使って蒸留水を作ってみました。 はまなすのコスメを作る際に蒸留は経験していたので、 中国製で説明書がなくyou tubeを見て下さいということでしたが、 なんとか組み立てることができました。 カレンデュラの花びらを100g入れて蒸留したので、 100mlの蒸留水を取ることにしました。 結構すぐに1滴目が出てきて、 その後はボトボトと蒸留水がとれ、 あっという間に10mlになりました。 せっかくなので、 庭のローズマリーも一緒に蒸留水して、 もう10ml採取。 ちょうど化粧水がなくなったので、 手作り化粧水。 カレンデュラ蒸留水に10%のグリセリンを入れて混ぜるだけ。 この化粧水を使い始めてから、 肌の保湿力が増した気がします。 朝顔を洗うときに手で触れた肌がしっとりしているのを感じます。 しばらく愛用する予定です。 #カレンデュラ

干し芋作り

今年は美味しい干し芋が食べたいがために安納芋を育てたのに、 まだ干し芋を作っていないことに気づき、 息子が昼寝の隙に大量に作りました。 芋を蒸して、 熱いうちに皮を剥き、 好きな大きさに切り、 かごに入れて干します。 もう暖かい日が続いているのでカビてしまうかも、、、と心配していましたが、 無事カビさせることなく乾燥でき、 美味しくいただきました。 やっぱり、安納芋のほしいもは、ねっとりして甘くて美味しいです。

苺酢

テレビでやっていた苺酢。 とても気になって作ってみました。 準備物 .苺 ・酢 ・砂糖 ※酢:砂糖=1:1 作ってみると、、、 苺の香りがしっかりしています。 暑いときには、 これを水で薄めて飲めば、 すごくスッキリしそう。 サラダのドレッシングにも使えるし、 結構使い勝手ありです。

キンセンカ品評会

これから彼岸に向けてキンセンカの需要・出荷がとても増えます。 それに先立ち、 農協で品評会が行われました。 各農家が自分の出荷箱を持ってきて、 皆お互いに品定め。 白浜のキンセンカのブランドは、 各農家が基準どおりに出荷してこそ守られます。 自分だけ良ければ、の考えで変なものを出荷してしまうと、 白浜のキンセンカ農家さん全員に迷惑をかけてしまいます。 各農家が意識を高く持って頑張るしかありません。 この日は、 市場の方々も来ており、 頑張って高値で取引するのでたくさん出して下さいと言っていました。 今年は温かい日が多く、 花の咲きが早いようで、 彼岸のときに花はもう無いかも、、、という農家さんが多いです。 はたして、私たちのキンセンカも彼岸までもつかな?

馬糞堆肥

副村長が働いている職場のお馬さんの馬糞を乾燥させて堆肥にしたものを、 ベレケの村のいろんな畑に撒かせて頂いています。 できるだけ自然のものをということで、 この他、 海藻を乾燥させて蒔いたりしています。 ここの馬糞堆肥を蒔いてから、 野菜の甘みが増しているような気がします。

嘔吐処理

息子が車の中で吐きました。 スーパーに到着直後だったので、 急いでスーパーでティッシュを購入して、 ゲロを拭き取り、 服を着替えさせました。 車の中はすごい香りに、、、 息子は吐くとケロッとしていたので、 ただの車酔いかと思っていたのです。 が、なんと、その2日後、 村長は下痢に、 副村長はゲロゲロになってしまいました。 熱も上がり、 これはウィルスだ。。。 息子は元気、 親は両方撃沈。 これほど辛い状況はありません。 村長は寝込んでしまったので、 一緒に寝込んではだめだと、 副村長は解熱剤を飲み熱を下げ、 息子の相手を頑張りました。 元気になってから、 インターネットで調べて、 もう一度車のゲロの処理。 今回の感染は、ゲロの処理の仕方が原因の1つだったようです。 塩素系漂白剤で消毒しないといけないと書いてあったので、 カビキラーをペットボトルに入れて、 水で薄めてガシャガシャ混ぜ、 液を化けるに入れてクッキングペーパーに染み込ませ、 ゲロがこぼれた部分においていき、 しばらくしてから乾いたクッキングペーパーで拭き取りました。 するとびっくりすることに、 あれほどまでに充満していた車の中のすごい香りがなくなりました。 そしてもう一つ気づいたのが、 ゲロがついた服を処理する前に洗濯機で洗わないということ。 きちんと処理していないと、 他の服にウィルスがついてしまって、 それによっても感染するらしいです。 服についたゲロは取って、 塩素系漂白剤を薄めた液につけて消毒してから洗濯機にかけると良いのだそう。 これらすべての処理は、 手袋をして、 マスクをして行うのも重要。 しっかり学び

苺ケーキ

いちご狩りのハウスで、 完熟の苺をいただきました。 色んな形、 色んな種類の苺をふんだんに挟み、乗せたイチゴケーキ。 副村長のバースデーのために村長が作ったケーキです。 食べる場所によって、 苺の味が違う。 贅沢なケーキです。

菜の花ポケットマルシェで販売開始

ポケットマルシェで菜の花の販売を始めましたー! 600g、2kgの二種類をご用意し、 ベレケの村セットも春バージョンにしました。 https://poke-m.com/producers/18145?related_article_type=feeds#detail_relation 菜の花は、 地元では、 ピーナッツの粉末、砂糖、醤油をからめるのが好んで食べられています。 私もこれがすごく好きです。 炒めたりパスタにしても美味しいよ。