• berekenomura

すごい台風

昨日の夜はとてもすごかった。

家の屋根が吹き飛ぶかと思った。


風が強まって、停電したり復旧したりを繰り返した。

そうなると、

寝ている部屋の電気がついたり消えたり、

電話がついたり消えたりしてそのたびにアナウンスが流れるので、

電気を消せる二階の部屋へ移動。


でもその部屋が、雨戸が固くて閉まらなかったので、

何か飛んでき窓が割れては危ないと思い、

隣の部屋に移動。


二階だからから、風の音がすごく、揺れもすごく、

まったく眠れないので、

1階のリビングへ移動。


すると、いろんなところが雨漏りしていることを発見。

また、雨戸をすり抜け、たくさんの窓の隙間から雨が入りこんで床が濡れていることが判明。


家がどうなってしまうんだろうと心配しながら、

バケツやお皿を雨漏りのところに置いて、

パソコンなど電化製品は雨漏りしないであろう場所へ移動。


夜中から明け方までずっとそんなことをして、

眠れたのは2時間ほどだった。

窓が開けられないし停電でエアコンが付けられずとっても暑くて寝苦しかった。


朝起きると晴れ。

隣のおばちゃんも、こんなの初めて、眠れなかったと言っていた。


怖いけど、とりあえず畑に行ってみようと思い出かけることに。


被害が最小限でありますように、、、、と願いながら運転するも、

道中の畑やハウス、家、木々がすごい被害。






どこにいるのかわからないくらいいろんなものが変わり果てていた。


結果、私たちの畑もハウスも作物もすさまじく被害を受けていた。




特にハウスは、ビリビリに破れ、パイプが曲がり、涙が出そうになった。

だって、春に全部張り替えて、パイプも新調したところだったから。

一瞬でこんなことになってしまうんだ。。。と愕然とした。


この日、息子の保育園はこんな状況にもかかわらず預かってくれたので、

息子を預け、

とにかく塩を落とすため、作物には丁寧に水をかけ、

被害が最小限にとどまるように処置をした。


家も、カワラが飛び、防風林が倒れ、被害を受けていた。





停電が続いていたので、

炊飯器が使えないし、

冷蔵庫の中の物を出来るだけ使おうと、

パエリアを作った。


お風呂はお湯が出ないので、

ガスで沸かしたお湯と水を混ぜて入った。

キルギスにいたときみたい。

キャンドルナイトの中、お風呂に入りご飯を食べ、

皆はやめに就寝した。



停電で被害の状況がわからないが、結構広範囲に被害が出ているんじゃないかな。