• berekenomura

カレンデュラ摘心


カレンデュラの摘心を教えてもらいました。

難しくて、肝の作業のようです。

これを失敗すると、これまでの作業が台無しになるようです。

ただ、作業内容は結構思い切りが必要で、ドキドキものです。

摘心というのは、成長途中の茎を途中で切って、

真ん中の茎を必要以上に伸びるのを抑えて、

切ったところから枝分かれを起こさせて脇芽を発生させたり、

全体の成長を促す効果があります。

切る場所を間違えたり、

切り方が汚いと、

次の成長に支障をきたしますが、

指でぽきっと折るのがかわいそうでビビってしまって、

なかなかうまくいきません。

さすが師匠や他の農家さんは、

見ただけでどこを切るべきか判断して、

ポキポキ手際よく切っていきます。

今日一日ほぼずっとこの作業をしていました。ちょっとだけ慣れました。