4月、5月に旬を迎える南房総白浜のそらまめ。海に面した南房総市白浜町ならでは、畑に海藻(モグ)のミネラルを与えています。また使用する堆肥は近くにある馬の牧場の馬糞堆肥です。江戸時代から栽培されている安房在来種のそらまめです。

大相撲5月場所では、幕の内弁当に房州そらまめも使われています。植物性たんぱく多く含み、ビタミンB1、B2、Cの他、カリウム、鉄、銅といったミネラル分も豊富で、妊娠中の女性に推奨されている葉酸も含まれています。食物繊維も多く、まさに女性の味方・健康パワーの高い食べ物です。

塩ゆでが主流ですが、焼きもおいしく、食べ出したら止まりません。

初夏のバーベキューには、さやごと乗せてグリルしたそら豆を、ビールのお供に是非!

房州そらまめ4kg(送料込)

¥6,000価格
  • 内容量:4kg(さやで約120本、正味約1200g)